RPGツクールと数学のブログ

RPGツクールと数学についてのブログです。

ペイント支援ツール

過去ブログの転載です。

写真をトレースしてペイントで絵を描くときのお話です。今のペイントはXPまでのものと比べると大分様子が違うそうなので、うまくいかないかもしれませんが……多分大丈夫だと思います。

色々やってくれる便利な支援ツールを作りました。HSP製です。ダウンロードはこちらから:

paint_tool.zip - Google ドライブ

でも最近セキュリティソフトが強化されたのか知りませんが、自分で作ったHSPのソフトなのに、起動したらこのソフトは怪しいです!チェックします!とか言われてしまっています。このソフトもただ画像加工してクリップボードに入出力するだけですから大丈夫なのですが、万が一起動出来なかったら、↓こちらにHSPソースコードを置いているので、めんどくさいですけどHSPをインストールしてコンパイルしてください。

GitHub - fermiumbay/paint_tool: とってもべんりなペイント支援ツール一式

今回は実際にこのツールを使いながら絵を描きます。

f:id:fermiumbay13:20190802015658p:plain

マウスで描くより、紙にシャーペンで描く方がやりやすいですよね。まず紙に絵を描いて、写真を撮ってPCに取り込みます。上の写真は、もはやいつどこで描いたのかも忘れられたベイ助です。

写真を撮ると普通は傾いてしまいますから、傾きを補正しなければなりません。そこでツールの出番です。

f:id:fermiumbay13:20190802015707p:plain

起動するといくつか項目が出てきますね。

ここで提供している操作は、すべてクリップボードの画像が対象です。写真をペイントか何かで開き、クリップボードにコピーしておいてください。コピーしたら、「画像を回転する」を選択してみます。

f:id:fermiumbay13:20190802015717p:plain

↑この画面で画像を実際に回転します。マウスでドラッグすれば回転します。ポインタの位置を中心に十字線が表示されるので、これを見ながら調整するとよいでしょう。調整が終わったらエンターを押せば、結果がクリップボードにコピーされます。

f:id:fermiumbay13:20190802015727p:plain

ペイントに貼りつければ、このように傾きが補正された画像が得られます。もういちいち角度の計算とか、ペイントで回転、とかしなくていいですね。

f:id:fermiumbay13:20190802015739p:plain

傾きを補正したら、トレースをします。単色でなぞるのがミソです。ペイントのえんぴつツールで、赤でなぞりました。間違ったところは赤以外の色、例えば白で塗りつぶします。この赤い線だけを抽出すれば良いですね。ここでもツールを使いましょう。

f:id:fermiumbay13:20190802015750p:plain

なぞった画像をクリップボードにコピーしたら、「指定色のみ抽出する」を選択します。抽出したい色を選択します。ここでは赤ですね。

f:id:fermiumbay13:20190802015801p:plain

これで赤い線だけが取り出され、バックの写真を消すことができます。あとは線の色を黒にして、色を塗ってやればいいですね。

f:id:fermiumbay13:20190802015813p:plain

着色しました。今度は影をつけましょう。後で合成するため、↑影のないこの画像はキープしておきます。保存しておくとよいでしょう。

f:id:fermiumbay13:20190802015825p:plain

着色で使わなかった色、例えばピンクで、影に相当する箇所を塗っていきます。黒じゃなくてピンクを使うのは、塗り忘れを防ぐためです。

f:id:fermiumbay13:20190802015835p:plain

ピンクを黒にしました。この画像と、さっきの影のない画像を合成すれば影になります。

影のない方をコピーして、ツールの「二つの画像を合成する」を選択します。

f:id:fermiumbay13:20190802015845p:plain

するとこんなダイアログが出てくるので、影のある方をコピーしてOKを押します。合成前と合成後は、画像サイズが全く同じである必要があるので注意してください。

f:id:fermiumbay13:20190802015855p:plain

合成メニューが出てきます。どの割合で合成するかを比で設定します。1:1だと影が濃すぎるので、5:2ぐらいがいいでしょうか。プレビューを選択すると、合成結果のプレビューが画像1に表示されます。これで確定を押せば、合成結果をクリップボードにコピーします。プレビューは表示してみせるだけなので、必要なければいきなりこれで確定を押しても大丈夫です。

f:id:fermiumbay13:20190802015904p:plain

5:2にしてこれで確定をしました。一連の流れで基本このツールだけ使えば良いので、割と楽にはなったと思います。

f:id:fermiumbay13:20190802015918p:plain

もうひとつおまけで「ランダム配色+ぼかし」という項目を入れていますが、これはドット絵を適当に描いたものを、ちょっとでもそれっぽく見せる応急処置機能です。単色をランダムに配色し直し、全体をぼかすことによって、色がちょっとそれっぽく変わります。ドット絵でなければ、あんまり変わったかどうかよくわからないと思います。透明色を選択するようにすると、透明色に該当する色だけはぼかしが入りません。