RPGツクールと数学のブログ

RPGツクールと数学についてのブログです。

アルベド語プラグイン

過去ブログの転載です

f:id:fermiumbay13:20171203114148j:plain

RPGツクールMVで、アルベド語を使えるようにするプラグインです。

http://www.geocities.jp/orreiclan/other/AlBhedLanguage.js

アルベド語はFF10に出てくるアルベド族が使う言葉で、変換規則が書かれた辞書を持っていれば、対応する文字が読めるようになり、徐々に言葉を理解することができる、というシステムになっていました。

これはそのアルベド語を再現させたものになっています。

変換規則や辞書の内容を書き換えるにはプラグインの中身を直接いじってください。たぶん分かりやすい所にまとめてあります。初期設定ではFF10のものをそのまま採用しているので、FF10の攻略サイトなどを参考にしてください。

f:id:fermiumbay13:20171203114158j:plain

文章の表示では、\al<文字列>の部分がアルベド語になります。文字列はひらがなです。辞書をまったく持っていなければアルベド語になってしまいますが、対応する辞書を持っていれば、このひらがながそのまま表示されるようになります。

f:id:fermiumbay13:20171203114153j:plain

辞書を何冊か持った状態だと、ひらがなとアルベド語が混在します。正しい部分を参考に、何を言っているのか想像するのが面白いのですよね。

f:id:fermiumbay13:20171203114135j:plain

アルベド語辞書というアイテムを連番で登録しておく必要があります。このアイテムは使うことのできない、持っているだけのアイテムとしておきます。例えば第15巻は「タ→や」「ヲ→ゆ」「モ→よ」の変換規則が書かれているので、や、ゆ、よ が読めるようになる、という具合です。

f:id:fermiumbay13:20171203114139j:plain

すべて持っていれば、何を言ってるのかそのまま理解することができます。

このまま採用してしまうとFF10のパクリになっちゃいますけど、変換規則をてきとうに変えてしまえば、何かに使えるんじゃないでしょうか。